ボラは「魚中珍品」と呼ばれてる,蛋白質含量高助消化好吸收!


美味しいカラスミの季節が始まったよ!童綜合醫院全國廣播台中縣政府指導のもとで、「海洋嘉年華」を開きました、この前台中梧棲漁港でボラのギョーザを包む試合を行った、現場で色々カラシミ料理を提供していた、そして童綜合醫院の養師がデザインされた料理の本も無料で配んでる


 


童綜合醫院營養師鄭律溱が言った、ボラは「魚中珍品」と呼ばれ、蛋白質の量が高い、品質いい、体が消化しやすい、体に対して組織の建てと治すことに助ける、免疫力を高める、出産後と体悪い人に対して有効があるボラの各部分は料理できる、烏魚子、烏魚膘、烏魚肫、烏魚殼(魚の体、其々の価値がある、烏魚子、烏魚膘、烏魚肫は皆が知ってるの『烏魚三寶』。

ボラの頭が豐富蛋白質鈣質がある、沙鍋魚頭料理の最高の材料。烏魚膘營養価値高い、豐富なホルモンもあるしカラスミは価値一番高い部分豐富なビタミンA、B群、E、銅、鋅など、しかも豐富蛋白質脂質もある


ボラ料理の要領

一、ボラの肉の色味薄い、味が淡い、炒ると、蔥、薑、蒜、糖
  、醋、白豆豉、酒、中藥材などを入れたら、あじみが深くなる
二、魚膘は強い火で速くて炒る、炒る時間は短くする、魚膘完
  整性を確保、味見が良いなる

創作者介紹
創作者 oegoec 的頭像
oegoec

阿暉伯烏魚子

oegoec 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()